So-net無料ブログ作成

音感遊び、五十音おけいこ、「やきいも・やいゆえよ」、小鳩くるみ、コラム「なぜ? 音感遊びからなのか?」 [子育て]

cd-yaiyueyo-j.jpg

♪ 阿部直美先生の指導や輪島直幸先生の動画をヒントにされ、CDを聞き自由に踊りましょう。
https://www.youtube.com/watch?v=9fQjJHC9MUU&feature=em-upload_owner
出演・小鳩くるみ、貴家堂子、
作詞・五十野惇 作曲・若月明人 振付・輪島直幸

※ご覧になれない場合
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/
 (検索→五十野惇)

♪ 小鳩くるみ やきいも・やいゆえよ 五十音おけいこ、音感遊び

とても とても アチチチ にらめっこ 
「ヤッ」

とても とても アチチチ にらめっこ 
「イッ」

とても とても アチチチ にらめっこ 
「ユッ」

とても とても アチチチ にらめっこ 
「エッ」

とても とても アチチチ にらめっこ 
「ヨッ」

たべたい たべたい やきいも 

やいゆえよ 
「アチーツ」

♪ みんなで遊ぼう…指導:阿部直美(注)

二人で向き合って、歌いながら、にらめっこをしてみましよう。
①「とてもとても…にらめっこ」まで、両者拍子をし「やっ」で、相手を笑わせるような愉快な顔をします。  
以下、「やっ」「いっ」「ゆっ」「えっ」「よっ」は、これに準じます。
②「たべたいたべたい」は、両者拍子。
 「やきいも・やいゆえよ」は両者手合わせをして「あち-つ」で大げさに ユーモラスな
ポーズを作ります。

♪ 指導:阿部直美
ペンネーム「さくらともこ」絵本「グリーンマントのピーマンマン」作者、
元聖心女子大学溝師・乳幼児教育研究所 所長、絵本作家、
 http://www.nyuyoken.com 

♪ このシリーズは「五十音のおけいこ」や「数のおけいこ」として、
CD《[あいうえお]と[かず]の音感遊び》として発売されております。

♪ CDの内容解説・購入のお問い合わせは、
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/

♪ コラム:なぜ? 「音感遊びから」なのか?

英語を母語とする国では、『ABCの歌』(エイビーシーのうた)は、英語で使われるアルファベットを学習するための歌で、一つ一つのアルファベット音感を幼稚園や保育園で指導します。

この歌で教師は乳幼児たちに、犬が「ワン」(英語では "woof")、猫が「ニャン」(英語では "meow")と鳴くのと同じように、"I" は「アイ」や「イー」と発音すると言った具合に
各文字の名前と音感、発音方法を教えます。

一方、日本では一般的に、50音図表を見せながら、読んだり書いたりする指導を進めています。ま、どちらかというと英語は音感から指導。日本では読み書きが指導の中心です。

ところで今、日本では「話す・聞く」や「文章を読んだりお話を聞いての考えるチカラ」が劣って、大きな話題になっています。

これは、ひとえに「幼い子どもの母語指導は音感指導から」を大切にしていない日本の風潮が原因とも、考えられます。

ですから、そのマイナス結果を、いわば50音図表を使った読み書きペーパーから脱皮して、
言葉をカラダ(体)に獲得することこそ必要と考えます。

言ってみれば、英語では26文字、日本語では倍の50文字。その一つ一つの50文字を、
CD『「あいうえお」と「かず」の音感遊び』は、「話す・聞く」から「読み・書き」に
つなげていく教材になっています。

nice!(1)  コメント(0) 

スライドショーでクリスマス絵本を、「ちいさいパピーちゃんのクリスマス」、西本鶏介先生の解説、 [絵本]

suraido.jpg

♪ クリスマス絵本「ちいさいパピーちゃんのクリスマス」はスライドショウでもご覧になれます。(Youtubeで)
https://www.youtube.com/watch?v=HpIyIwf1F0g
お話・小鳩くるみ、パピーちゃん声・貴家堂子、音楽・若月明人
演出/五十野惇

♪♪♪ あらすじ;
ちいさいパピーちゃんは、なかなか眠ることができません。サンタさんどこにいるのかな。お腹すかしているかな。揺れ動く心のお話。

♪ 西本鶏介先生の解説 ♪
(昭和女子大学名誉教授・評論家・作家)

幼児にとって、なんといっても 楽しいのはクリ スマス。
ちょっと想像しただけでも、胸がわ〈わく してきます。
眠っている問にプレゼントを 持って きてくれるすてきなおじさんは だれなのか、お話 は、 その問いかけから始まります。

 でも、すてきな おじさんは サンタクロースであることを みんな知っています。
それをあえて問いかけるところか ら、 サンタクロースへの思いを 盛り上げていくの です。
 
白い道を、おみやげかついでやってくる サンタ のおじさん、さあ、それが今夜くるのです。
パピー ちゃんでなくても、なかなか眠ることはできません。

いまごろどこにいるのかな、お腹をすかしてい ないかな。
サンタクロースがたちまち 現実の人物 となって迫ってきます。

そこでパピーちゃんは おせ んべいと、 お茶を用意してあげます。
サンタのおじさんの好きなものは、パパとおん なじというママの言葉に、実際のプレセントの送り主は 誰なのかまでも、たくみに暗示しています。

で も、パピーちゃんにとっても、子ビも逢にとっても、サンタクロースは 絶対にいなくちゃなりません。
ママに頼んで書いてもらった サンタのおじさんへの手紙に、幼児の思いが、あふれています。 

もう、これで大丈夫。サンタのおじさんは、どん なすてきなプレゼントを持ってきてくれるでしょうか。
それがよしんば パパであることをわかっている 子どもでも、もしかしてと思いが、クリスマスへの 夢を いっそうかきたててくれるのです

児童文学評論家・作家  西本鶏介

♪ 「パピーちゃん絵本」と「パピーちゃん絵本・CD」お問合せ
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy
 (検索→五十野惇)

nice!(0)  コメント(0)