So-net無料ブログ作成
検索選択
日記・雑感 ブログトップ
前の5件 | -

図書ボランティアで「くり・栗」のお話 [日記・雑感]

10-satumaimo-v-j.jpg
子育てコラム
先週に引き続いて、図書ボランティアで子ども達に読み聞かせをしました。お相手は小学一年生。ちょっと早めに教室に入って、これから皆で読んでみようとする詞を板書しました。

「くり・栗」   
♪  
くりの ○○○○
どうして いたい?
くりの ○○○○
どうして あるの?
♪  
□□□□□ だから 
○○○○の とげで
まもって いるの

○と□に言葉を当てはめ、詞を完成させ、皆で詞を味わってみようと準備しました。ねらいは秋の味覚を詩ひとつで楽しむ構成です。たまたま栗の木が家の近くにあり、たわわに生っていましたので、それをいただき、子ども達に見せながら詞を紹介しました。いくつかヒントを子ども達とお話、楽しいやりとりがあって、ようやくにして完成。

「くり・栗」  詞 /五十野惇
♪  
くりの いがいが
どうして いたい?
くりの いがいが
どうして あるの?
♪  
あかちゃん だから 
いがいがの とげで
まもって いるの

■ 読者の声 & 遊び方 ■

やはり、クイズとなると楽しいのでしょう。おしゃべりというか大騒ぎになります。「○○○○」は「いがいが」と、まあー簡単に回答を言葉にしましたが、□□□□□の答えはなかなか言葉になりません。そこで私は詞のなかの「まもっているの」から「皆は誰に守られているの?」と質問。すると、子ども達はすかさず「おかあさん」と答え、正解の「□□□□□」を「あかちゃん」にたどりつきました。
子ども達は、詞をもう一度読むことで秋の味覚を味わうと同時に「人間と同じく栗もお母さんと子どもがいるのだ」と感心。生命の不思議さ尊さを学習しました。
学生のブログコメントから

「私たちが食べる時には、つるんとしているけれども、まだ、木にくっついている栗は、いがいがしたものに包まれているね」そして、「あかちゃん栗を守っているいがいがは、みんなのお父さんやお母さんのようだね」とお話をしてあげたいです。

かわいい唄だと思います。いがいががある理由が赤ちゃんだからいがいがのとげで守るためというのがかわいいです。私が親に聞いたときは、実を守るためと普通に答えられたので、この唄のように教えてもらいたかったです。子どもには、普通に一般的な答えよりも独特な答えのほうが豊かな想像力が付くと思います。

わたしもかわぃぃ詩だと思いました。擬人法をつかってツルツルした栗を赤ちゃんと例えてぃてなるほどなと思いました。子どもたちには『いがいが』のお父さん&お母さんたちが『ツルツルしている栗』の子どもたちを守ってあげているんだょ。と教えてあげたいです☆

子どもが気になる質問だと思います。子どもが聞きたいことが納得できて、分かりやすいので良いと思いました。親子の絆が深まると思います。

どうしてくりのいがいがあるの?あかちゃんだからとげでまもっているんだ!という答えに、目からうろこでした。先生のお話は、子供といえば…と考えるとまず思い浮かぶ「とびきりのユーモア」がたっぷりのお話ばかりですね!特にわたしは、自然の環境・現象・生物について子どもたちが自分なりに考えたお話またはおしゃべりが大好きです!ほんとうにびっくりさせられることばかりだと思います。わたしも子どもたちと一緒にそんな素敵なおしゃべりがしたい!というのが今後の目標のひとつでもあります。素敵なユーモアを持った先生の授業がこれからも楽しみです!

(「読者の声 & 遊び方」は、主として東京家政学院大学学生のBlogから引用しました)

▽「毎月のパピーちゃん絵本」の読み聞かせをしております ▽
YouTubeやデジブック☆オンライン・その他でご覧になれます
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/p-youtube-index.htm#1

▽なお、東京家政学院大学教授として、インターネットTV「家政ジャーナル」YouTube制作・放映しております。▽
http://www.kasei-gakuin.ac.jp/faculty/kasei_journal.html
検索→家政ジャーナル

図書ボランティアで「さつまいも」のお話 [日記・雑感]

10-satumaimo-v-j.jpg
先日、図書ボランティアのお母さん方のお誘いで小学一年生に読み聞かせをしました。初めての経験でしたから、いつもの女子学生とは違って、なんだか緊張。「心臓がドキドキしています」と挨拶。これから皆で読んでみようとする詞を板書しました。

□□□□□
うれしくって ○○○ ○○
ぼくの おねがい
かなった とき
みんなに みんなに
わけて あげたい
この きもち
○○○ ○○ □□□□□

○と□に言葉を当てはめ、詞を完成させ皆で詞を味わうことにしました。ねらいはクイズで楽しく、ただ読むだけでは面白くないと思ったからです。いくつかヒントを子ども達とやりとりがあって、ようやくにして完成。完成した喜びが教室中にあふれました。

♪ さつまいも  詞 /五十野惇

うれしくって ほっか ほく
ぼくの おねがい
かなった とき
みんなに みんなに
わけて あげたい
この きもち
ほっか ほく さつまいも

お話変わって先日見たNHKTV百歳バンザイ!のお話は、さつまいもをキーワードにしたお話で、子ども達にも見せたい番組でした。出演は、夫をはやくに亡くして、十人の子ども達を女手一つで育てた苦楽の人生。そこには、いつも子ども達に喜んでもらおうとする様々なさつまいも料理、そしてにぎやかな暮らしのコミュニケーションがあったという番組でした。
一方、時代の子ども達は大のファーストフード好き!子ども達と一緒に○と□に言葉を当てはめながら、「さつまいも」は「うれしさ」につながるかどうか不安でした。そこで、考えついたのが一般的な「ほっか ほか」ではなく、子ども達の心を動かす動的な言葉「○○○ ○○」を「ほっか ほく」としました。「ほっか ほく」を覚えることで、「百歳バンザイ!」のように自然の恵みを生活の中で強く生かすことができればと思ったからです。

▽「毎月のパピーちゃん絵本」の読み聞かせをしております ▽
YouTubeやデジブック☆オンライン・その他でご覧になれます
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/p-youtube-index.htm#1

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

TVサザエさん視聴率が激減、でも救い主がいた [日記・雑感]

いつものようにTVサザエさんを見ながら、2,3ヶ月前のことでしょうか、一瞬、これはイカン。視聴率が下がると思いました。案の定、新聞のTV視聴率欄からTVサザエさんが消えました。働くという立場から見ると、そのことはタイヘンなことで、大げさですけど雇用の問題にもなってきます。
1・2ヶ月経ったでしょうか。ようやくにして新聞のTV視聴率欄に掲載されるようになりました。もちろん救い主は演出側でしょうが、現場は大ファンの作家・雪室俊一さんでした。
ここでは、視聴率激減の理由云云は別の方におまかせして、古いお話ですが、ワタクシが雪室俊一さんの大ファンになったワケを書きます。
実はワタクシが,TVサザエさんにアニメで出演したのです。
「所は高級住宅街。表札には「五十野」(いその)とありまして、そこにはしっかり「ワカメ」の文字が刻まれています。「五十野」なんて苗字があるのかしら?と思ったのですが、調べてみると結構存在していたりします。一番有名なのは絵本作家で大学教授の五十野惇さんのようです。」と、TV週刊サザエさん『ワカメ同姓同名』(9月4日放映)脚本を担当された雪室俊一さんのブログです。
ワタシは、びっくりというか…!そこで早速コメント「(実在の)五十野惇 (2005/09/10 10:24:32)です。勉強?のつもりでほとんど見ているのですが9月4日は失念。ブログを見てうれしくってカンゲキ!感激!さらに雪室さんの大ファンになりました。ありがとうございました。」と。
すると、脚本を担当された雪室俊一さんから直々(じきじきに)に「m00116297 (2005/09/15 14:22:05) 五十野惇様 足跡を残していただいてありがとうございました。正直に言いまして、こういう苗字の方が存在されていることは存じておりませんでした。そこで検索をしてみたところ、五十野惇先生のお名前を知るに至った次第です。ワタシも昔は某書店で児童書の仕入れをやっていた関係上、なかなかに興味深くサイトを拝見させていただきました。そして、五十野先生がサザエさんをご覧になっていることにも感激です。これからもよろしくお願いいたします。」と。
今回の危機を救った雪室俊一さんのTVサザエさん、いつまでも応援しております。

▽「毎月のパピーちゃん絵本」の読み聞かせをしております ▽
YouTubeやデジブック☆オンラインその他でご覧になれます
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/p-youtube-index.htm#1

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の犬はワンワンと吠えますか? [日記・雑感]

朝などお散歩をしていると、犬の大好きな人の集まり、犬仲間というのでしょうか。よくお会いします。
私は小さい頃、犬に噛まれ,散々なめにあったことから、犬にあうといつでもちょっと緊張するクセがあります。
それに、犬はワンワンと吠えるものだと決まって思います。が、最近の犬はワンワンなんて吠えませんね。
ところで、犬の鳴き声は日本語では普通「ワンワン」で、なんだか可愛らしさが漂います。でも、英語ではbowwowバウワウ」で、本当に吠えている感じがします。
ネコの鳴き声は日本語では「ニャー」とか「ミャー」、英語ではmeow「ミュー」と聞きました。
こうして書いていくと、その「ワンワン」bowwow 「ニャー」「ミャー」meowという 鳴き声、最近では「ホントかな?」と思ったりします。

▽「毎月のパピーちゃん絵本」の読み聞かせをしております ▽
YouTubeやデジブック☆オンラインその他でご覧になれます
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/p-youtube-index.htm#1

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コスモス~生活に彩を添える優雅なひと時 [日記・雑感]

百万本が植えられた壮大なコスモス畑が、日本にはいくつもあるのですね。昨日のTVニュースでも子ども達が「きれい!きれい!」と可憐な花と親しみながら、コスモス畑の中を駆け回っていました。
たった一粒の種から、「ほら、こんなにきれい!」とはしゃぎ、そしてイメージが心の中で開花。それが動き出し、子ども達をいきいきとさせていく楽しさ「きれい!」さは、とりわけ明日を想像する子ども達の心を育てます。そこには、いいこと美しいことだけに心を乗せていく子ども本来の姿があるようでなりません。
コスモスは野の草とも言われますが、見つめていると、生活に彩を添える優雅なひと時にもなります。
それにしても、台風、豪雨、強風が通り過ぎても、倒れることもなく、ピーンと背を伸ばし立ち続けているコスモスがあるのには驚かされます。地を這う根っこが強靭なのですね。ここでは、足元を強くするからこそ、可憐さもひと際(きわ)輝くことを教えてくれます。

こすもす  詞 /五十野惇
♪  
ほら きこえるね
ピチ パチ ラルー 
ピチ パチ ラルー
こすもすの はなと ひかりと かぜの おしゃべり
みんな ここへ おいで
♪ 
ほら あきの いろ
しろ あか ピンク 
しろ あか ピンク
そらを みあげて きらきら まぶしく ひかるよ
みんな ここへ おいで

▽「毎月のパピーちゃん絵本」の読み聞かせをしております ▽
YouTubeやデジブック☆オンラインその他でご覧になれます
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/p-youtube-index.htm#1

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 日記・雑感 ブログトップ