So-net無料ブログ作成

もう!すぐ!ひなまつり絵本「ちいさいパピーちゃんのひなまつり」クチコミ読者コメント、西本鶏介先生の解説、 [絵本]

シーケンス 03-01.jpg

♪ ひなまつり絵本「ちいさいパピーちゃんのひなまつり」は、YouTubeで読み聞かせがご覧になれます。
https://www.youtube.com/watch?v=NrPMHxKUo4Y

♪ あらすじ;
おひな様の持ち主を探すパピーちゃん。その優しさが、春を迎える心を弾ませ、ひな祭りの思いを楽しくふくらませるお話。

♪♪♪  風恋花(ふうれんか)さんのコメントをいただきました  ♪♪♪
五十野惇さん    こんばんは~♪
「ひなまつり絵本」拝見させていただきました。
可愛いおひな様がパピーちゃんの前に流れてきて・・・
流し雛?かしら などと思いながら見ていました。
パピーちゃんのやさしい気持ちが持ち主のくーこちゃんに。
いつもハッピーな気持ちでジ・エンド
心がしあわせになれる五十野さんの絵本。ホント、おひなさまの日が待ち遠しいです。

♪♪♪  作者・五十野惇からの返礼コメント ♪♪♪

風恋花 さん こんにちは(^^♪
「ひなまつり絵本」、ご覧いただきありがとうございますした。
「いつもハッピーな気持ちでジ・エンド」と言っていただきこのフレーズこそパピーちゃん作品の持ち味ですので
とっても、うれしいです。
最近、愛着障害と言って、ちいさな子ども達への虐待が大きな話題になっています。
まあ~、日常が「よかったね~!!」と言うありふれたお話。このような日常が、生活の中にあまりないからだと思います。日常を楽しむことを応援するパピーちゃん絵本のような絵本がもっとあってもイイと思います。ありがとうございました。

♪ 西本鶏介先生の解説 ♪
(昭和女子大学名誉教授・評論家・作家)

ひな祭りの人形を素材にして 春になった喜びを 描くお話です。
川に流れてきたおひなさまの持ち主を探して、まだ雪の残っている森の上まで歩いていくパピーちゃんのやさしさが、 春を迎える心に重なり、更には楽しいひな祭りへの思いまでも ふくらませてくれます。

もう春が来ているのに長 く眠りすぎた くまさん達にとって、パピーちゃんは、まさに春のお使いです。
 
川上から流れてきたおひなさまという アイディ アは、かって盛んであった流しびなの風習を うまく生かしたもので、今でもこの風習の生きている ところがあります。

もともとひな祭りは暖かく なった春の日に、子ビも達が川岸に座って、 人形と 話をしたり、ままごと遊びをしていたのが始まり で、それがいつしか家の中の行事になったのです。

むかしのピクニック用の食べ物であったあられを、今も食べるのは外の遊びが 家の中の遊びに変わった証拠でもあります。
それはともあれ、みずみずしい 季節感のあふれた お話で、のどかな自然の背景にも春を告げるもの が、 たくさん登場してきます。

つくしんぼに、桃の 花、 楽しそうにさえずる小鳥、 あたたかいお日さま、まだ冷たい小川の水にも 春のにおいがいっぱいで す。  
く-こちゃんの家の素朴なひな祭りにも 春の心が はずんでいます。

はでばてしく人形を飾るより、 ほんとうのひな祭りとはなにか、そんなことまで教えてくれます。

♪ 「パピーちゃん絵本」と「パピーちゃん絵本・CD」お問合せ(購入も)
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy
 (検索→五十野惇)

♪ 購入の直接お問い合わせは
株式会社メイト直通Tel  03-5974-4300

※ 発行者情報 ※
発行者 五十野惇
Email pappy@mvh.biglobe.ne.jp
ホームページ http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/

nice!(0)  コメント(0) 

幼児の想像力を育てるお話CD、親子の愛情を育てる絵本を、「ちいさいパピーちゃんはどこにいる」、西本鶏介先生の解説 [絵本]

シーケンス 05-3.jpg

幼児の想像力を育てるのに、お話CD。神経を集中させて聞くことは、子どもたちにとっては難しいところがあると思います。一方でその集中力は、「人の話を聞く」力にもつながります。お話CDは、イメージをふくらませる音楽と効果音、そして一流の語り手が子どもたちを“物語の世界”へ誘います。
ここでは「ちいさいパピーちゃん絵本12のお話CD」から、親子の愛情を育てる絵本「ちいさいパピーちゃんはどこにいる」をyoutubeで紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=agGuLdqpMis

♪♪♪ あらすじ;
楽しい語りかけを通して、自分が父と母の宝物であることを知ることで、父も母もまたかけがえのない人であることを知るお話。

♪ 西本鶏介先生の解説 ♪
(昭和女子大学名誉教授・評論家・作家)

自分の存在を主張したくなる気待ちと、それを確 認してもらえることの喜び。
幼児の自我の成長をあざやかに描いたお話です。

「パピーちゃんは どこに いるの」。
かわいい問 いかけであっても真剣な問いかけ。
パパとママはやさしく答えてあげます。
「パピーちゃんは おへやの なかに いる」
「それから おうちの なかに いる」  

パピーちゃんの心はうれし〈なって 広い世界へと 飛び出していきます。
村から国、地球、そして宇宙 へと。

パピーちゃんは 全宇宙の中のほんのちっぼけな存在。
小さな小さないのち。
でも、パピーちゃん は パパやママにとって、なによりも大切な存在なので す。

電車にのって遠くへ行っても、 お船にのって遠くへ行っても
飛行機にのって遠くへ行っても、ちゃんとパパとママの心の中にいます。
いまより もっともっと大き〈なっても、やっぱり、パパとママの心の中にいます。  

幼児への楽しい語りかけを通して、いのちあるものの尊さとそれへの愛の深さを、しみじみと語りか けてくれます。

人も自然もそしてすべての生き物が -つになって生きることのすばらしさ。
全宇宙の微塵となってお互いの幸せを願う、そんな哲学までも 感じさせてくれます。

それを親子の愛のつながりによって、象徴させたところに、このお話のすばらしさがあります。

自分がパパとママの宝物であること を 自覚することで、パパとママも、また、かけがえのない人であることを知るのです。

♪ 「パピーちゃん絵本」と「パピーちゃん絵本・CD」お問合せ(購入も)
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy
 (検索→五十野惇)

♪ 購入の直接お問い合わせは
株式会社メイト直通Tel  03-5974-4300

※ 発行者情報 ※
発行者 五十野惇
Email pappy@mvh.biglobe.ne.jp
ホームページ http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/

nice!(0)  コメント(0) 

ひなまつり絵本「ちいさいパピーちゃんのひなまつり」、クチコミ読者コメント、西本鶏介先生の解説、 [絵本]

03-00.jpg
♪ ひなまつり絵本「ちいさいパピーちゃんのひなまつり」は、YouTubeで読み聞かせがご覧になれます。恥ずかしいのですが、読者の読み聞かせの参考になればと思い投稿UPしております。
https://www.youtube.com/watch?v=6UesQpScD44

♪ あらすじ;
おひな様の持ち主を探すパピーちゃん。その優しさが、春を迎える心を弾ませ、ひな祭りの思いを楽しくふくらませるお話。

♪ クチコミ読者コメント ♪

♪♪♪  kenさんのコメントをいただきました  ♪♪♪

こんばんは。
きょうはもう2月になりました。
歳を取ると月日が早く感じますが本当にそうです。
さっそく「ひなまつり絵本」拝見させていただきました。
川から流れてくるのは、桃太郎の話しか知らなかったですが、このお話もひと味違って楽しめました。
家主さんより、おひなさんの方が早く目を覚まして動き出したようですね。
「春眠暁を覚えず」ということばを思い出しました・・・。
拾ったおひなさんを探す「責任感」と、失くした人のことを思うとじっとしておれなかったのでしょうね。この優しいパピーちゃんに拍手送ります。

♪♪♪  作者・五十野惇からの返礼コメント ♪♪♪

ken さん
ひなまつり絵本、ご覧いただきありがとうございます。
今日は節分。私ども爺と婆は、夕飯時、二人の孫(5歳と3歳、女の子)と4人で
恵方に向かい太巻き食べることになっています。
保育園で鬼に追いっかけられ泣いたお話などあるでしょう。
まあ、そんな時でも、お雛様のお話は、それ以上に盛り上がりますネ。
桃太郎と絡めたら子ども達、笑い転げるでしょう。そして「家主さんより、・・」「責任感・・」と、パピーちゃんのお話に繋がっていけたらな~と、思っています・・・
ありがとうございました。

♪ 西本鶏介先生の解説 ♪
(昭和女子大学名誉教授・評論家・作家)
ひな祭りの人形を素材にして 春になった喜びを 描くお話です。
川に流れてきたおひなさまの持ち主を探して、まだ雪の残っている森の上まで歩いていくパピーちゃんのやさしさが、 春を迎える心に重なり、更には楽しいひな祭りへの思いまでも ふくらませてくれます。

もう春が来ているのに長 く眠りすぎた くまさん達にとって、パピーちゃんは、まさに春のお使いです。
 
川上から流れてきたおひなさまという アイディ アは、かって盛んであった流しびなの風習を うまく生かしたもので、今でもこの風習の生きている ところがあります。

もともとひな祭りは暖かく なった春の日に、子ビも達が川岸に座って、 人形と 話をしたり、ままごと遊びをしていたのが始まり で、それがいつしか家の中の行事になったのです。

むかしのピクニック用の食べ物であったあられを、今も食べるのは外の遊びが 家の中の遊びに変わった証拠でもあります。
それはともあれ、みずみずしい 季節感のあふれた お話で、のどかな自然の背景にも春を告げるもの が、 たくさん登場してきます。

つくしんぼに、桃の 花、 楽しそうにさえずる小鳥、 あたたかいお日さま、まだ冷たい小川の水にも 春のにおいがいっぱいで す。  
く-こちゃんの家の素朴なひな祭りにも 春の心が はずんでいます。

はでばてしく人形を飾るより、 ほんとうのひな祭りとはなにか、そんなことまで教えてくれます。

♪ 「パピーちゃん絵本」と「パピーちゃん絵本・CD」お問合せ(購入も)
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy
 (検索→五十野惇)

♪ 購入の直接お問い合わせは
株式会社メイト直通Tel  03-5974-4300

※ 発行者情報 ※
発行者 五十野惇
Email pappy@mvh.biglobe.ne.jp
ホームページ http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/

nice!(1)  コメント(0) 

幼児の想像力を育てるお話CD、ひなまつり絵本「ちいさいパピーちゃんのひなまつり」、西本鶏介先生の解説、 [絵本]

シーケンス 03-cd.jpg

幼児の想像力を育てるのに、お話CD。神経を集中させて聞くことは、子どもたちにとっては難しいところがあると思います。一方でその集中力は、「人の話を聞く」力にもつながります。お話CDは、イメージをふくらませる音楽と効果音、そして一流の語り手が子どもたちを“物語の世界”へ誘います。
ここでは「ちいさいパピーちゃん絵本12のお話CD」から、ひなまつり絵本「ちいさいパピーちゃんのひなまつり」をyoutubeで紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=MiekoYJhCNg&feature=youtu.be
お話・小鳩くるみ、パピーちゃん声・貴家堂子、音楽・若月明人、演出/五十野惇

♪ CD購入のお問い合わせは?
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy
(検索→五十野惇)

♪ あらすじ;
おひな様の持ち主を探すパピーちゃん。その優しさが、春を迎える心を弾ませ、ひな祭りの思いを楽しくふくらませるお話。

♪ 西本鶏介先生の解説 ♪
(昭和女子大学名誉教授・評論家・作家)
ひな祭りの人形を素材にして 春になった喜びを 描くお話です。
川に流れてきたおひなさまの持ち主を探して、まだ雪の残っている森の上まで歩いていくパピーちゃんのやさしさが、 春を迎える心に重なり、更には楽しいひな祭りへの思いまでも ふくらませてくれます。

もう春が来ているのに長 く眠りすぎた くまさん達にとって、パピーちゃんは、まさに春のお使いです。
 
川上から流れてきたおひなさまという アイディ アは、かって盛んであった流しびなの風習を うまく生かしたもので、今でもこの風習の生きている ところがあります。

もともとひな祭りは暖かく なった春の日に、子ビも達が川岸に座って、 人形と 話をしたり、ままごと遊びをしていたのが始まり で、それがいつしか家の中の行事になったのです。

むかしのピクニック用の食べ物であったあられを、今も食べるのは外の遊びが 家の中の遊びに変わった証拠でもあります。
それはともあれ、みずみずしい 季節感のあふれた お話で、のどかな自然の背景にも春を告げるもの が、 たくさん登場してきます。

つくしんぼに、桃の 花、 楽しそうにさえずる小鳥、 あたたかいお日さま、まだ冷たい小川の水にも 春のにおいがいっぱいで す。  
く-こちゃんの家の素朴なひな祭りにも 春の心が はずんでいます。

はでばてしく人形を飾るより、 ほんとうのひな祭りとはなにか、そんなことまで教えてくれます。

♪ 「パピーちゃん絵本」と「パピーちゃん絵本・CD」お問合せ(購入も)
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy
 (検索→五十野惇)

♪ 購入の直接お問い合わせは
株式会社メイト直通Tel  03-5974-4300

※ 発行者情報 ※
発行者 五十野惇
Email pappy@mvh.biglobe.ne.jp
ホームページ http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/

nice!(0)  コメント(0) 

雪だるまづくり絵本「ちいさいパピーちゃんのゆきだるま」、クチコミ読者のコメント、西本鶏介先生の解説、 [絵本]

シーケンス 02-yukidaruma2.jpg
♪ 雪だるま絵本「ちいさいパピーちゃんのゆきだるま」は、YouTubeで読み聞かせがご覧になれます。恥ずかしいのですが、読者の読み聞かせの参考になればと思い投稿UPしております。
https://www.youtube.com/watch?v=lQLw3Agl7R8&feature=em-upload_owner
♪ 小鳩くるみさんの読み聞かせ・CDも楽しめます。

♪ 絵本購入のお問い合わせは?
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy
(検索→五十野惇)

♪ あらすじ;
小さな木ぎれに雪をくっつけます。すると大きくなって動かなくなりました。さあー、どうしよう。友達と力を合わせます。すると?

♪♪♪  k-ishidaさんからコメントをいただきました  ♪♪♪

五十野 惇さん こんにちは~ ?
 ひょっとしたことからパピーちゃん、雪を小枝に付けていったら、
いつの間にか雪だるま、
小さなお子さんのヒラメキ、とっても良くひらめく様子が表現されていると思います。
 我が家では一番小さな孫が小学1年生、保育園に通う前には、姉・従姉妹たちと、
家の外で雪遊びを良くやっていました。爺が屋根から降ろした雪の山を見つけたら、
早速滑り台に変身。固い雪では出来ませんが、軽い雪でママゴトも始め、
母親のやることの真似。見ていておかしくなりました。
 とても優しい「雪だるま絵本」有難うございました。 k-ishida

♪♪♪  作者・五十野惇からの返礼コメント ♪♪♪

k-ishida さん おはようございます♪
いつも、著作者を超えるコメント。優しい方に出会えた!
雪だるま絵本、ご覧いただきありがとうございました。
「ひょっとしたことから」そうなんですね。
子ども達の遊び、なにげない毎日・日常。
そんな「ひょっと・・・」子ども達の一日一日の歩みを慈しむ。
チャレンジ作品ですけど、いつもながら思い切って発表させていただきました。
お褒めいただきうれしさいっぱいです。
我が家の孫達も「今日は雪が・・・」と期待して保育園へ。
どんな雪だるまを作るか楽しみにしております。

♪♪♪  安雄くんからのおたより  ♪♪♪ 
『雪つりコーナー』
シーケンス 02-kouen02.jpg
♪♪♪ お便りありがとう ♪♪♪
安雄くん、パピーちゃんのえほんにでてくるシーン「パピーちゃんママ、これでなにをするの?
これでね、雪のうえをきぎれでピクピクとあげさげしながら雪つりをするんだよ」を絵本を参考にしながらパパとママといっしょにかいたんだって。そうなんだ。
な~んかこの絵、雪つりコーナーであそんでいるパピーちゃんママとうーちゃんをジ~とみているとやりたくなってきたなぁ。
ちなみに、安雄くんも雪のうえをきぎれでピクピクとあげさげしながら雪つりコーナーであそんでいるパピーちゃんママとうーちゃんをみていてあそびたくなってきたかなぁ?
おたより ありがとう。
(東京家政学院大学、五十野ゼミ生がお返事を書きました。)

♪ 西本鶏介先生の解説 ♪
(昭和女子大学名誉教授・評論家・作家)

雪だるま作りの楽しさを描きながら、 みんなの力を合わせることで、より大きなものが生み出せ ることを 教えてくれるお話です。 
小さな木の枝に くっつく雪がどんどんふえて 丸いかたまりになり、パピーちゃん一人の力では転ばせな〈なりました。
すると、そこへたぬきのた-ぼう、 いぬのい-が やってきて、一緒に転がして〈れます。

雪だるま は、ぐんぐん大き〈なって、三人でも動かせないほどの雪だるまになりました。
 
雪の不思議さと、冬の遊びのおもしろさが、たくみにミックスされ、雪を身近なものにして〈れま す。
雪を美しく見るのではな〈、雪とたわむれ、雪の中を歩き回る、これは子どもならではの感激です。
木切れに雪をくっつけて遊ぶパピーちゃんの心の内までも伝わってきます。

それにしても、真っ白な雪だるまに みかんの目と 人参の口、昔のたどんや灰で作った顔とは まるで違 うすてきな表情です。

どんなによくできたおもちゃよりもありがたい 自然の贈り物です。

しかも、その 雪だるまを一人でなく、みんな力を合わせて作った のです。
もっと大勢で転がしたら、 どれはビ大きい 雪だるまができるか、そんなことまでも楽し〈想像 させてくれます。
自分も早く雪だるまを作ってみたい、 絵本を見な がら、パピーちゃん達と-緒に雪だるまを ころがしている子ビも達の心が、ひとりでにわくわくしてくるでしょう。

♪ 「パピーちゃん絵本」と「パピーちゃん絵本・CD」お問合せ(購入も)
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy
 (検索→五十野惇)
♪ 購入の直接お問い合わせは
株式会社メイト直通Tel  03-5974-4300

nice!(0)  コメント(0)