So-net無料ブログ作成

パピーちゃんと仲間 楽しく 幸せ「ちいさいパピーちゃんはどこにいる」 [子育て]

5-002.jpg

★☆★ 読者からのお便り・コメントが届いております ★☆★

★☆★  k-ishidaさんからコメントをいただきました   ★☆★

五十野 惇さん おはようございます。
 「こどもの日の絵本」パピーちゃんが家の中から宇宙へと大きく広がり、どうなるかとウキウキしながら読んでいったら、パパとママの心に居ることが分かりました。
 パピーちゃんが両親にどれほど愛されているかがよ~く分かり、家族が仲良しになるきっかけになるのではないかと思いました。
 改めて愛することに大事さを感じる絵本でした。 
ありがとうございました。

★☆★  作者・五十野惇からのコメント ★☆★

子どもを見ると、この子は愛されている、愛されていないなんて、つい考えてしまいます・・・
その「愛されている」ってを、映像化や絵本にできたら・・・そんなことを思いつつ、作業を進め作品にしました。
こうして、k-ishidaさんに「改めて愛することの大事さ」と、コメントをいただき喜び・幸せです。ありがとうございます。
パピーちゃん絵本では、12冊にわたって、日常の生活から、愛される喜び、愛する喜びを
【パピーちゃんと仲間 楽しく 幸せ】をベースにして、皆さんに読んでいただいております。
まあ~、NHK―TV「とと姉ちゃん」と、同じ様なテーマですが・・・もちろん「とと姉ちゃん」のようにはいきませんが、その日常に幸せ・喜びがあって共感を得る、それこそ幼児が一番一番ほしいことと思ったからです。
時には「○○ちゃんは、どこにいるの?」と問いかけ、この絵本を遊び道具にして、子ども達の「おもいつきや」や「ひらめき」から、愛すること、愛されることを話し合っていただければと願っております。
幸せになる感覚、それこそ、子育ての一番一番の基本ですよね。

★☆★  Negiさんからのコメントをいただきました ★☆★

五十野 惇さん おはようございま~す♪
パピーちゃんがいるところが、家の中から宇宙へと、だんだん大きく広がって・・・
最後はどこに・・・なんて想像しながらドキドキ!!
パパとママの心にいるということがわかりました!!
3~4歳児でも、パパとママの心の中にいることを理解して、愛されること、愛することの喜びの大切さが、きっときっとわかるに違いありません。
私にとっても、「愛」の大切さを、もう一度考えてみたいと思いました。
とても素晴らしい「ちいさいパピーちゃんはどこにいる」を拝見させていただきました。
ありがとうございました。

★☆★ 「ちいさいパピーちゃんはどこにいる」
あらすじ;楽しい語りかけを通して、自分が父と母の宝物であることを知ることで、父も母もまたかけがえのない人であることを知るお話。

★☆★ 絵本は、読み聞かせやスライドショーでご覧になれます。
   お問い合わせ
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy (検索→五十野惇)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

お月見絵本「パピーちゃんのおつきみ」 [子育て]

9-000.jpg

★☆★  読者からのお便り・コメントが届いております。(7月分)

☆ negi さんのコメント 2016.07.08 15:48
五十野 惇さん こんにちは~♪
なんて素敵なストーリーなのでしょうか!!
リー君、お月さまの落ちてくるところを昆虫網に入れて、
お月さまをつかまえて食べようとするなんて、ユーモアがたっぷり!!
そして、一番大切な 思いやりの心、自然界に対する感謝の気持が大切・・・
五十野ファミリーの、あたたかい心の素晴らしさに拍手!! です。
ありがとうございました

☆ k-ishida さんのコメント 2016.07.08 11:18
五十野 惇さん おはようございます。
 梅雨が明け、暑い夏が終わると「お月見」の季節になりますね。
 リー君の思いつき、おもしろいですね。「お月さまの落ちてくるところを昆虫網で受けて、お月さまを食べてしまう」リー君の考え方、行動が、まっさらな心がそうさせたんでしょうね。パピーちゃんの家族中でリー君と月見団子を一緒に食べる。心が豊かになりました!  

☆ matorona さんのコメント 2016.07.08 11:53
こんにちは☆五十野familyさまへ
激しい雨音を聞きながら、可愛らしい「 お月見絵本・おつきみ 」をワクワクしながら読みましたよー お月さんを捕まえようとする発想・・とっても面白く 外の激しい雨音がしばらく聴こえないくらいでしたー
自分で声を出して楽しみましたよ!ありがとうございます(*^▽^*)

☆ やすおちゃん さんのコメント 2016.07.08 13:07
五十野惇 さん オアツゴザイマ~ス。ハヤバヤの「お月見絵本」そですよね・・早め早めに仕上げないと・・そこが プロ 一ケ月前には親御さんにですものね。今の事を今は普通人ですから・・先取りは中々デキマセ~ン。
お月さんを・・食べる・・この本の一番素敵な所ですね。 

☆ 山と旅 さんのコメント 2016.07.08 15:20
五十野惇 さん こんにちは。
梅雨も明けずに暑い日が続いています、夏を飛び越して月見団子を食べたいです。暑くてやれませんから・・(笑)
小さいパピ-ちゃんの発想と表情の豊かさに感心しながら楽しませて頂きました、涼しい秋が待ち遠しいです。
ありがとうございました。

☆ Cpad.Ohta さんのコメント 2016.07.08 15:33
五十野惇さん こんにちは。
絵本・・読み聞かせ「3歳~6歳」最も大切な時期ですね。
先日、保育園「先生」談・・・聞かせていた来ました。
「絵本を読み始める」・・もぞもぞと落ち着かなかった子も、隣とおしゃべり         していた子も、たちまち吸いよせられるように聞き入る。
はい、おしまい、と本を閉じると、魔法がとけたように表情が緩み、「おもしろかったあ」と声を上がった。
 是非、読み聞かせ必要に感じておりました。

☆ tomo さんのコメント 2016.07.08 17:01
五十野惇さんへ  今日は
「お月見絵本・おつきみ」拝見しました。
流石に素晴らしい。発想、構成、作画、と児童の注意を、興味をそしてその物語から伝える事・・・感じてもらう、そんな全てをこなされる・・・素晴らしい絵本に感動しました。
有難うございました。tomo

☆ 雨漏り書斎主人 さんのコメント 2016.07.08 17:10
Prof.五十野    こんにちHA
相変わらずの NICE DB !

☆ もっちゃん さんのコメント 2016.07.08 18:07
五十野惇さん おばんかたです
七夕に大西さんがISSに飛び立ちました、宇宙からのお月見は どんなもんじゃろの~網を出せば一欠けら位食べられそう今度はりーくんを送りましょうか
謎が一杯のこの世界こんな絵本に出会えた子供達から宇宙飛行士が…(=_=)
  ごきげんようさようなら

☆ フレミン さんのコメント 2016.07.08 18:34
五十野惇さん こんばんは~
スライドショーお月見絵本 今日は久しぶりに孫6歳が遊びに来てましてお月見絵本を見ながら とても興味を持って眺めてて、もっと見たいと 何回も繰り返し とても真剣な表情で楽しそうにみてるのには一寸びっくり、しばらくはパソコンを孫にお預けでした。そのほおえましい顔には。ありがとうございます。           フレミン

☆ おお滝 さんのコメント 2016.07.09 16:06
五十野惇 さん こんにちは
ちいさいパピーちゃんのおつきみ・・・心が和みます。小さい子供さんをお持ちのお母様に見てもらいたいです。読み聞かせたら子供さんは虜になりそうです。
心温まる作品をありがとうございます。

☆  作・絵、五十野惇からのひとこと~その1
(返信はそれぞれの方にされております)
故郷の思い出の楽しさは幼少の折、みんな心おきなく遊びほうけたことでしょうか。私の忘れない思い出に、誰かが言いだした「昆虫網で・・」なんてあって、みんなで笑い転げたことがありました。
このパピーちゃんのお話にはチョットきついかと思ったのですが・・・
そういえば・・七夕に大西さんがISSに飛び立ちました。りーくんがISSに飛び立ち・・・宇宙からのお月見だなんて・・子ども達は、そんなことも想像するのではと思ったりして・・リー君の思いがけない行動が・・子ども達にはどう?伝わる?と、きになりますね。

★☆★ 海水浴絵本「パピーちゃんのかいすいよく」
あらすじ;お月さまをつかまえて食べようとするユーモラスなお話から、思いやりの大切・自然に対する感謝の気持をほのぼのと伝えるお話。

★☆★ 絵本は、読み聞かせやスライドショーでご覧になれます。
   お問い合わせ
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy (検索→五十野惇)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

海水浴絵本「パピーちゃんのかいすいよく」 [子育て]

8-002.jpg

★☆★  読者からのお便り・コメントが届いております。

☆ kamiyumaru2 さんのコメント
「海水浴 絵本」ルンルン(^_-)-☆ うれしく拝見しました。
ウキウキと明日のこと夢見てやさしいパパとママに夢物語を演出してもらう
パピーちゃんはしあわせ!! 

☆ 山と旅 さんのコメント
五十野惇 さん おはようございます。
早くも夏がやって来ましたね、海水浴の楽しさ嬉しさが画面一杯に溢れて届いてきます。
待ち遠しいですね。ストーリーも素晴らしく楽しめました。
ありがとうございました。

☆ ロミオさんのコメント
またまたかわいらしい楽しいお話ですね。
海に行く前に、準備をする。そのためにパパとママがいろいろ工夫してあげる。
やさしい家族です。こんな家族でいっぱいなら、悲惨なニュース流れないのにね。

☆ 春ちゃん さんのコメント
童心にかえった気分で観れる作品ですね。僕はこういうタッチは好きです。幼児に限らず大人が見ても、ほのぼのとします。

☆ seo-fa さんのコメント
挿絵も可愛くて、このシリーズ、この週末に来る孫と見ようかと思っておりますので、孫の感想を楽しみにしております(最近はテレビの影響か、せんしゅものに凝っておりますが)

●西本鶏介先生の解説●
昭和女子大学名誉教授・評論家・作家

どんな現実のできごとからでも 幼児の夢は大き く、ふくらみます。
たとえ、まねっこ遊びからだって 本物以上の体験を感じることができます。  

見えな いものが見え、 不可能なことが可能になる、
そんな 豊かな心をいっぱい持っているのが 幼児のすばら しいところです。  
その心をた〈みに刺激して、 海水浴の楽しさを 存分に味あわせてくれるお話です。  

たった三本の白いヒモが、たちまち波になって、 パピーちゃんを 海の世界へと運んで〈れます。もうすっかりその 気になったパピーちゃんの頭には、 海のことしか ありません。

色紙で魚を作り、タコをつくつて並べ ると、 部屋の中は完全な海。
とびこみ台のつもりの 椅子から海へとぴこんだら、色組の魚も、波も、白 いヒモも、 いよいよ本物に変わってしまいます。
ここには、 食いしんぼうで、 冒険好きの幼児を、お話の世界に 運び込まずにはおかない りアリティがあります。
泳ぎ疲れて食べるおむすびの味。 色紙のおむすぴ とて本物以上のおいしさです。
そして、ふと現実に もどつたとき、 今度は本当の海水浴が待っていま す。空想のできごとは、 明日になれば現実となるの です。

ファンタスティックなお話の魅力は お話の国へ 行って帰り、また行きたくさせるところにありま す。そのまた行きたくなるところが 本当の海という のですから、子どもにとって、こんなうれしいこと はありません。

☆  作・絵、五十野惇からのひとこと~その1
コメントうれしくよみました。
そろそろと言っても夏休みは来月。楽しい夏休みを!と期待するのは、大人も子どもも一緒ですね。
思わず夏の気分に浸る時があります。そんな時、どんな日常からでも、私たちの夢は大き くふくらみますョね。そんな一日一日を大切にし、楽しみた~いですね。五十野惇

★☆★ 海水浴絵本「パピーちゃんのかいすいよく」
あらすじ;たった3本の白いひもが、たちまち波になって海の世界へと運んでくれる。まねっこ遊びから本物以上の体験や夢を感じとるお話

★☆★ 絵本は、読み聞かせやスライドショーでご覧になれます。
   お問い合わせ
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy (検索→五十野惇)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

七夕絵本「パピーちゃんのほしのくに」 [子育て]

7-002.jpg

★☆★  読者からのお便り・コメントが届いております。
(一部に前回と同じ内容のお便りもあります)

k-ishida さんのコメント 2016.05.09 13:19
五十野 惇さん こんにちは~
夢の多い素敵な絵本ですね。
今の子どもたちが一番大好きなハンバーグの星に乗って、そのハンバーグをモグモグ腹いっぱい食べたら、居場所は小さくなり下に落ちてしまいました。
アイスもスイカも欲しくなりそ~
 夢多き絵本、楽しませていただきました。   

やすおちゃん さんのコメント 2016.05.09 13:50
五十野惇 さん こにちは~・・。どうなるのかナ~・・心配しながら・・観ていましたよ・・案の定・・食べて・・落ちて・・夢で良かったヨ~・・。
抱かれて・・微笑んで・・7月号をありがとうございました
 やすおちゃん

cbt33081 さんのコメント 2016.05.09 15:24
素敵な画像です・・・

hiroko16724 さんのコメント 2016.05.09 19:12
五十野惇 さん こんばんは☆彡
 楽しいですね~。 こんな絵本が描けるなんて羨ましい事です。
私も、絵が描けたら是非何か書いて見たいんですが・・・絵心が無くて・・。
御本を作成中は、とっても楽しくあれやこれやが・・・浮かぶのでしょうか?
とっても素敵な、御本を有難う御座いました。

hiroko16724 さんのコメント 2016.05.09 19:12
五十野惇 さん こんばんは☆彡
 楽しいですね~。 こんな絵本が描けるなんて羨ましい事です。
私も、絵が描けたら是非何か書いて見たいんですが・・・絵心が無くて・・。
御本を作成中は、とっても楽しくあれやこれやが・・・浮かぶのでしょうか?
とっても素敵な、御本を有難う御座いました。

べたちゃん さんのコメント 2016.05.09 19:57
五十野惇さん こんばんは♪
子どもはアイスクリームやスイカそしてハンバーグが登場すると
喜こぶでしょうね
孫はUFOを知っているかどうか楽しみです
知らなければ どのように教えようかな?今から考えますね
見せて頂き、ありがとうございました。

matorona さんのコメント 2016.05.09 22:54

こんばんは♪惇 せんせ~い!
大人でも童心に返って心がはずんじゃう!
そんな絵本を見せて頂き嬉しいです^^
小さな声出して読みましたよー孫が傍にいなくって淋しかったですがー
何時も絵本読んでやってたのです・・
七夕の空でハンバークの星食べるなんて発想・・やっぱり先生!すごい!
次作を楽しみにしてます^^ありがとうございます(*^▽^*)matorona

negi さんのコメント 2016.05.10 07:38
五十野惇 さん おはようございま~す♪
夢でよかった~~・・・
そうぞうしていたものの、どうなるのか気にしながら・・・
ハンバーグの星で降りたら、やっぱり食べて美味しくてまた食べて・・
そしたらオッこったゃった・・・夢で良かった~~
微笑んでいるママに抱かれて・・・良かった・・!!
五十野惇さん、経験豊かで、想像力、発想力・・とても素晴らしいですね!!
絵本のストーリーを考え、優しい絵にして優しい言葉にして・・
可愛い幼児たちが、喜ぶ姿を想像しながら・・・
とても素晴らしい「七夕絵本・星のくに」を拝見させていただき、
そして五十野惇さんの優しさに感動をいただきました。
ありがとうございました。

cbt33081 さんのコメント 2016.05.11 10:06
素敵な絵です・・・

べたちゃん さんのコメント 2016.05.11 12:50
五十野惇 さん こんにちは♪
コメントして直ぐに孫が来てビックリしました。
息子がカミさんに1日遅れの花と孫二人連れて来てグットタイミング。
さっそく「七夕絵本・星のくに」を見せてUFO知っている?
「知っているよ宇宙旅行出来る乗り物でしょう」とお姉ちゃんが言って安心
妹は「まめじどうしゃ」又読んでとのリクエスト答える
私は舌を手術したので滑舌が悪く、リハビリのつもりで
大きな声でハッキリ読み上げました。
先生有難うございました。

ロミオ さんのコメント 2016.05.14 15:11
五十野惇さん、こんにちは。
とても夢のあるお話ですね。今の子供たちには、すごく喜んでもらえるのでは。
童話が描ける人は、心が清らかで優しい方たちですね。私なんて書けないですね。子供を怒っちゃう母親目線しかないですもの。素晴らしい作品に触れさせていただきました。

Nana(七菜) さんのコメント 2016.05.16 22:13
五十野さま
   こんばんはぁ♪
星の国に出かけたパピーちゃん、どんな旅になるのかな~?織姫様に会う?
ハンバーグの星でハンバーグ食べちゃって? お昼寝かなッ?
それで? それから??、、、と こちらの思いは
見事に裏切られながら お話はどんどん展開して。。。
上手く言えないのですが、伸びやかなストーリーと絵のタッチが、
とても眩しく感じられました。
こう言う優しい作品に仕上げられる
五十野に「ありがとうございました」を♪♪

山と旅 さんのコメント 2016.05.18 16:53
五十野惇 さん こんにちは。
童心に帰って楽しませて頂きました。
ユーモアとスリルがありながらもホッとする笑顔に癒されますね。
七夕絵本・星のくに の素晴らしさをありがとうございました。

michiko-flower さんのコメント 2016.05.24 07:29
五十野惇さま
はじめまして。
夢いっぱいの楽しい絵本をありがとうございます。
大人が読んでもたのしい♪子育ての頃出会っていたら読んでやれたのにと
思いました。もうすでに遅し・・・(笑)

春ちゃん さんのコメント 2016.07.05 06:11
 もうすぐ七夕です。近くの図書館に行った際、七夕飾りがあり
短冊に願いを書き吊るしました。
 パピーちゃんの願い=ほしのくにに行くこと が叶って良かった良かった。子供に分かり易い絵本ですね。

☆  作・絵、五十野惇からのひとこと~その1
(返信はそれぞれの方にされております)
この本は、昔子どもだったころの春ちゃんさんに、 捧げるということも出来ます。となると、私は、これを、あくまでも「かつて子ども だった春ちゃん さん」に向けて書いているのです。 ... もしそうであれば、『パピーちゃん絵本12冊』が描いて いる美しさは、「素直で汚れのない子供時代」という過去の幻影を振り返って 、大人になってもそれらを「大切なこと」として、春ちゃん さんが持ち続けていけるか?春ちゃんさんに問いかけています。パピーちゃん作品が皆さんにずっと愛さることを願って、ありがとうございました。

作・絵、五十野惇からのひとこと~その2
コメントそしてグッド!うれしく拝受。
これまで、なにげない毎日の ほのぼのと感じる絵本をかいてきました。びっくりするような内容ではありません。
「日常を慈しむ」TVの「とと姉ちゃん」とテーマは同じですが、もちろん「とと姉ちゃん」のようにはいきませんが、その日常に幸せ・喜びがあって共感を得る・それこそ幼児が一番ほしいことと思いました。
「抱かれて・・微笑んで・・7月号をありがとうございました」とコメントいただき、ありがとうございました。 

★☆★ 七夕絵本「パピーちゃんのほしのくに」
あらすじ; 七夕の空でハンバーグの星を食べる気分は最高。でも大変!?星空への冒険心をユーモアとスリルで描くファンタスティックなお話し。



★☆★ 絵本は、読み聞かせやスライドショーでご覧になれます。
   お問い合わせは
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy (検索→五十野惇)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児