So-net無料ブログ作成

母の日絵本・こどもの日絵本、おすすめ絵本「パピーちゃんはどこにいる」 [子育て]

5-002.jpg
★☆★ あらすじ;
楽しい語りかけを通して、自分が父と母の宝物であることを知ることで、父も母もまたかけがえのない人であることを知るお話。

●西本鶏介先生の解説●
自分の存在を主張したくなる気待ちと、それを確 認してもらえることの喜び。幼児の自我の成長をあざやかに描いたお話です。
「パピーちゃんは どこに いるの」。かわいい問 いかけであっても真剣な問いかけ。
パパとママはや さしく答えてあげます。 
「パピーちゃんは おへやの なかに いる」  
「それから おうちの なかに いる」  
パピーちゃんの心はうれし〈なって広い世界へと 飛び出していきます。村から国、地球、そして宇宙 へと。パピーちゃんは全宇宙の中のほんのちっぼけ な存在。小さな小さな
いのち。でも、パピーちゃん はパパやママにとってなによりも大切な存在なので す。電車にのって遠くへ行っても、お船にのって遠くへ行っても、飛行機にのって逢〈へ行っても、ちゃんとパパとママの心の中にいます。いまより もっともっと大き〈なっても、や
っぱり、パパとマ マの心の中にいます。
幼児への楽しい語りかけを通して、いのちあるものの尊さとそれへの愛の深さを、しみじみと語りか けてくれます。人も自然もそしてすべての生き物が一つになって生きることのすばらしさ。全宇宙の微塵となってお互いの幸せを願う、そんな哲学までも 感じさせてくれます。それを親子の愛のつながりに よって、象徴させたところに、このお話のすばらし さがあります。自分がパパとママの宝物であることを自覚することで、パパとママもまたかけがえのな い人であることを知るのです。


★☆★ 母の日絵本・こどもの日絵本、おすすめ絵本「パピーちゃんはどこにいる」
作品の売店(インタネット検索→五十野惇)
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy

★☆★ パピーちゃん・ニュース・トピックス 
・五十野惇のパピーちゃん・ホームページを5月号から6月号に更新しました。
 http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy
・毎月更新のパピーちゃん・ホームページ、42年目を迎えました。
皆様に支えられた42年目でした。ありがとうございました。

★☆★五十音の50の音感遊びから文字獲得の音感遊びにつなげよう!
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy

こどもの日の頃に読んであげたい絵本 [子育て]

DSC_2135.JPG

★☆★ こどもの日の頃に読んであげたい絵本
ほぼ、毎週1回、図書館へ行って紙芝居や絵本をかりて、孫:(2歳児と4歳児の女の子)に読んであげています。今回は、こどもの日の頃に読んであげたいナ~と思う絵本を探しえらびました。

(^^♪ 紙芝居「くろわん しろわん よーいどん」
→ 作絵・伊東美貴 発行・教育画劇
※→ これは、テーマに沿う紙芝居ではありませんが、2歳の子は楽しいし、4歳の子は読んで楽しめるのではと思って選びました。

(^^♪ 「おしゃぶりが おまじない」
→ 作:ウーリー・オルレブ 絵:ジャッキー・グライヒ 訳・もたいなつう
発行・講談社
※→ 首におしゃぶりをさげて登場するおじさん。まあ、発想が面白い。指しゃぶりがまだまだ治らない子は「どうかな?」と思い選びました。

(^^♪ 「パパとママのたからもの」
→ 文:マクブラットニイ 絵:アニタ・ジェラーム 訳 小川仁央 
発行・評論社
※→ パピーちゃんと同じかな。愛することのよろこび、愛されることの喜び、外国作家の絵本だけになんか新鮮なのでえらびました。

(^^♪  ちいさいねこ → 作・石井桃子 絵・横内 襄 発行、福音館書店
※→ 大作家・石井桃子だからえらびました。物語はパピーちゃんとテーマは同じで、絵は見ごたえありますね。

(^^♪  ちいさいパピーちゃんはどこにいる
→ 作・絵、五十野ファミリー(惇、時子、みち、新) 発行、メイト
※→ お二人からパピーちゃんホームページに寄せられたコメントを紹介します。

その1:Negiさんからのコメント
五十野 惇さん おはようございま~す♪
パピーちゃんがいるところが、家の中から宇宙へと、だんだん大きく広がって・・・
最後はどこに・・・なんて想像しながらドキドキ!!
パパとママの心にいるということがわかりました!!
3~4歳児でも、パパとママの心の中にいることを理解して、愛されること、愛することの喜びの大切さが、きっときっとわかるに違いありません。
私にとっても、「愛」の大切さを、もう一度考えてみたいと思いました。
とても素晴らしい「ちいさいパピーちゃんはどこにいる」を拝見させていただきました。
ありがとうございました。

その2:k-ishidaさんからのコメント
五十野 惇さん おはようございます。
 「こどもの日の絵本」パピーちゃんが家の中から宇宙へと大きく広がり、どうなるかとウキウキしながら読んでいったら、パパとママの心に居ることが分かりました。
 パピーちゃんが両親にどれほど愛されているかがよ~く分かり、3~4歳児でも理解できるのではないかと思いました。
 家の孫たちも大きくなりましたが、改めて愛することに大事さを感じる絵本でした。 ありがとうございました。  

●西本鶏介先生の解説●
自分の存在を主張したくなる気待ちと、それを確 認してもらえることの喜び。幼児の自我の成長をあざやかに描いたお話です。
「パピーちゃんは どこに いるの」。かわいい問 いかけであっても真剣な問いかけ。
パパとママはや さしく答えてあげます。 
「パピーちゃんは おへやの なかに いる」  
「それから おうちの なかに いる」  
パピーちゃんの心はうれし〈なって広い世界へと 飛び出していきます。村から国、地球、そして宇宙 へと。パピーちゃんは全宇宙の中のほんのちっぼけ な存在。小さな小さな
いのち。でも、パピーちゃん はパパやママにとってなによりも大切な存在なので す。電車にのって遠くへ行っても、お船にのって遠くへ行っても、飛行機にのって逢〈へ行っても、ちゃんとパパとママの心の中にいます。いまより もっともっと大き〈なっても、や
っぱり、パパとマ マの心の中にいます。
幼児への楽しい語りかけを通して、いのちあるものの尊さとそれへの愛の深さを、しみじみと語りか けてくれます。人も自然もそしてすべての生き物が一つになって生きることのすばらしさ。全宇宙の微塵となってお互いの幸せを願う、そんな哲学までも 感じさせてくれます。それを親子の愛のつながりに よって、象徴させたところに、このお話のすばらし さがあります。自分がパパとママの宝物であることを自覚することで、パパとママもまたかけがえのな い人であることを知るのです。



★☆★ パピーちゃん・ニュース・トピックス 
・五十野惇のパピーちゃん・ホームページを4月号から5月号に更新しました。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy (検索→五十野惇)
・Blogタイトルを→「パピーちゃん絵本、五十野惇Family作品」としました。

こどもの日、おすすめ絵本「パピーちゃんはどこにいる」 [子育て]



★☆★ あらすじ;
楽しい語りかけを通して、自分が父と母の宝物であることを知ることで、父も母もまたかけがえのない人であることを知るお話。

●西本鶏介先生の解説●
自分の存在を主張したくなる気待ちと、それを確 認してもらえることの喜び。幼児の自我の成長をあざやかに描いたお話です。
「パピーちゃんは どこに いるの」。かわいい問 いかけであっても真剣な問いかけ。
パパとママはや さしく答えてあげます。 
「パピーちゃんは おへやの なかに いる」  
「それから おうちの なかに いる」  
パピーちゃんの心はうれし〈なって広い世界へと 飛び出していきます。村から国、地球、そして宇宙 へと。パピーちゃんは全宇宙の中のほんのちっぼけ な存在。小さな小さな
いのち。でも、パピーちゃん はパパやママにとってなによりも大切な存在なので す。電車にのって遠くへ行っても、お船にのって遠くへ行っても、飛行機にのって逢〈へ行っても、ちゃんとパパとママの心の中にいます。いまより もっともっと大き〈なっても、や
っぱり、パパとマ マの心の中にいます。
幼児への楽しい語りかけを通して、いのちあるものの尊さとそれへの愛の深さを、しみじみと語りか けてくれます。人も自然もそしてすべての生き物が一つになって生きることのすばらしさ。全宇宙の微塵となってお互いの幸せを願う、そんな哲学までも 感じさせてくれます。それを親子の愛のつながりに よって、象徴させたところに、このお話のすばらし さがあります。自分がパパとママの宝物であることを自覚することで、パパとママもまたかけがえのな い人であることを知るのです。 

★☆★ パピーちゃん・ニュース・トピックス 
・五十野惇のパピーちゃん・ホームページを4月号から5月号に更新しました。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy (検索→五十野惇)
・Blogタイトルを→「パピーちゃん絵本、五十野惇Family作品」としました。

交通安全おすすめ絵本「パピーちゃんのまめじどうしゃ」 [絵本]



あらすじ:
リズミカルな語りと乗り物の面白さを、盛り込みながら、自動車の側だけでなく、歩行者の側のルールまでも覚えるお話。

●西本鶏介先生の解説●
乗り物の大好きな幼児の心をいきいきと描いたお話です。パピーちゃんのように運転できたら、どんなにすてきだろう。遊園地の豆自動車から本物の自動車へと夢が広がっていきます。まっすぐな道を走ったり、カーブをまがったり、信号の前でき ちんと止まったり。まるで自分が運転しているよ うな気分になってきて、パピーちゃんを応援したくなります。それにしてもパピーちゃんは、なんと運転が上手でしょう。ストップもスタートも、まる でお手のもの。おまわりさんにもほめられました。
楽しいドラマの進行につれて、いつの問にか交通ルールまでも、頭の中に入ってしまいます。「あかはとまれ。きいろはちゅうい。あおはすすめ。」「みぎだ、ひだりだ、よくみてすすめ。」、自動車の側だけでなく、歩行者の側のルールまでも教えてく れます。
知識絵本でありながらも、それをストレートに描くのではなく、リズミカルな語りと、乗り物のおも しろさをふんだんに盛り込みながらお話そのものの世界へと運び込んでくれます。しかも、最後は、「つぎのばん、きみのばん、こうたい、ゴーゴー」とパピーちゃんにかわって、この豆自動車に乗ることをすすめてくれます。 
現実と空想の間を自由に行き来できる幼児にとって、それがどんなにうれしい問いかけになるか、絵本を見ている子ビも達の笑顔が目に浮かぶようです。

★☆★ パピーちゃん・ニュース・トピックス 
・五十野惇のパピーちゃん・ホームページを4月号から5月号に更新しました。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy (検索→五十野惇)
・Blogタイトルを→「パピーちゃん絵本、五十野惇Family作品」としました。

愛されること、愛することの喜び、こどもの日にちなんだ絵本「パピーちゃんはどこにいる」 [子育て]

★☆★ こどもの日にちなんだ絵本「パピーちゃんはどこにいる」
Negiさんからのコメントをいただきました

五十野 惇さん おはようございま~す♪
パピーちゃんがいるところが、家の中から宇宙へと、だんだん大きく広がって・・・
最後はどこに・・・なんて想像しながらドキドキ!!
パパとママの心にいるということがわかりました!!
3~4歳児でも、パパとママの心の中にいることを理解して、愛されること、愛することの喜びの大切さが、きっときっとわかるに違いありません。
私にとっても、「愛」の大切さを、もう一度考えてみたいと思いました。
とても素晴らしい「ちいさいパピーちゃんはどこにいる」を拝見させていただきました。
ありがとうございました。



★☆★ あらすじ;
楽しい語りかけを通して、自分が父と母の宝物であることを知ることで、父も母もまたかけがえのない人であることを知るお話。

★☆★ パピーちゃん・ニュース・トピックス 
・五十野惇のパピーちゃん・ホームページを4月号から5月号に更新しました。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy (検索→五十野惇)
・Blogタイトルを→「パピーちゃん絵本、五十野惇Family作品」としました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児