So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

海水浴絵本「ちいさいパピーちゃんのかいすいよく」 [子育て]

シーケンス 08.jpg

♪ YouTube で
読み聞かせがご覧になれます。
https://www.youtube.com/watch?v=XosB9tcu9hQ
♪ 小鳩くるみさんの読み聞かせ・CDも楽しめます。

♪♪♪ あらすじ;
たった3本の白いひもが、たちまち波になって海の世界へと運んでくれる。まねっこ遊びから本物以上の体験や夢を感じとるお話。

♪ 読者のお便り; 「拓也くん」からのお便り
『おにぎりリュックサック
8-park-2.jpg
▽ お便りありがとう!▽
そういえば、拓也くんパピーちゃんのママがたくさんおにぎりのはいったリュックサックの絵がパピーちゃんのえほんにかいてあったので、それをさんこうにしながらパパとママといっしょにかいたんだって。そうなんだ。パピーちゃんつぎの日はれるとイイね。
あと、ママがつくってくれたたくさんのおにぎりリュックサックをもってかれるとイイね。ルンルン、ルンルン。なんかこの絵をみているとつぎの日はれて、そしておにぎりのはいったリュックサックをどこかにもってているそうぞうをしちゃったぁ。
ルンルン、ルンルンとね。な~んちゃってね。
拓也くん、おたより ありがとう。
(文:東京家政学院大学五十野ゼミ生が描きました)

♪ 西本鶏介先生の解説 ♪
(昭和女子大学名誉教授・評論家・作家)

どんな現実のできごとからでも幼児の夢は大き く、ふくらみます。
たとえ、まねっこ遊びからだって本物以上の体験を感じることができます。  

見えな いものが見え、不可能なことが可能になる、そんな 豊かな心をいっぱい持っているのが 幼児のすばら しいところです。  
その心をた〈みに刺激して、海水浴の楽しさを 存分に味あわせてくれるお話です。  

たった三本の白いヒモが、たちまち波になって、パピーちゃんを 海の世界へと運んで〈れます。
もうすっかりその 気になったパピーちゃんの頭には、海のことしかありません。

色紙で魚を作り、タコをつくつて並べると、 部屋の中は完全な海。
とびこみ台のつもりの 椅子から海へとぴこんだら、色組の魚も、波も、白いヒモも、
いよいよ本物に変わってしまいます。

ここには、 食いしんぼうで、冒険好きの幼児を、お話の世界に 運び込まずにはおかない
りアリティがあります。
泳ぎ疲れて食べるおむすびの味。
色紙のおむすぴ とて本物以上のおいしさです。
そして、ふと現実に もどつたとき、今度は本当の海水浴が待っていま す。
空想のできごとは、 明日になれば現実となるのです。

ファンタスティックなお話の魅力はお話の国へ 行って帰り、また行きたくさせるところにありま す。

そのまた行きたくなるところが本当の海というのですから、子どもにとって、
こんなうれしいこと はありません。

♪ 「パピーちゃん絵本」と「パピーちゃん絵本・CD」お問合せ
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy
 (検索→五十野惇)

雨の日、絵本「パピーちゃんのあまがさ」 [子育て]

シーケンス 06.jpg

♪ YouTube で
読み聞かせがご覧になれます。
https://www.youtube.com/watch?v=q6UYr1buPN0&feature=em-upload_owner
♪ 小鳩くるみさんの読み聞かせ・CDも楽しめます。

♪♪♪ あらすじ;
新しく買ってもらった雨傘と長靴。早く使いたくって雨を待ち望む思いと、待望の雨の中で心を響かせ遊び回るお話。

♪ 読者のお便り; 
♪♪♪作者・「わび助さん」からのお便り  ♪♪♪
五十野さん、おはようございます。
新しいものを買って貰うと、外で使うものでも座敷で試したりして喜んだものです。
リュックなんかは色々なものを詰め込んでみたりして・・・。
このような日常などをストーリーにして童話は生まれるのですね。

▽ お便りありがとう!▽
♪♪♪  作者・五十野惇からの返礼コメント ♪♪♪
わび助 さん  こんにちは~♪
コメントうれしく読みました。紀行カメラマン作家わび助 さんのリュックには、
どんな?もの・ストーリーがはいいているのでしょう?想像するだけで楽しいです。
それが、もし、子どもの頃だったら、
どんなにか、夢を膨らませ、中味をあけるでしょう。
だいすきなものが入っていた、
それから買っていただいたもの、そのストーリーが、どんなか?
さりげない日常をいつくしむでしょう。
きっと、わび助 さんのリュックには、いっぱいの喜びが詰まっていることでしょう。
そんな喜びが、今の紀行大作を作っていると思わざるを得ません。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy" target="_blank">http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy

♪ 西本鶏介先生の解説 ♪
(昭和女子大学名誉教授・評論家・作家)
雨をまちのぞむ幼児の思いと、待望の雨の中で遊びまわるうれしさを いきいきと描いたお話です。

新しく買ってもらった雨がさと長ぐつ。
それを早く使いたくて うずうずしているパピーちゃん。
それなのにお日さまはぴかぴか。 「はやく、あめ、ふらないかなあ」
効果的なくりかえしによって、 雨降りの楽しさまで 一気に盛りあげていきます。
 
そしてある日、やっと雨が降りだしたのです。
新しいかさに当たる雨の音を聞きながら、うれしそうに歩きまわるパピーちゃん、
その感激が画面を見ている 子ビも達の心と一つになります。
ぼくにも、わたしにも、あんなすてきなかさが ほしいと思わせずにはおきません。

雨がやんで、できた水たまり。
水たまりに雲がうつっていて、 なんだか空を行くような気持ち。
パピーちゃんは新しい長ぐつで水たまりに入ります。

雲がゆれ、水がとぶ、 パピーちゃんは思わず、スキップして水たまりを歩きまわります。
そして、ついにはどろんこあそび。
まさに臨場感あふれる楽しさです。

「また、あめふらないかなあ」と、 もう一度雨を待ちわびる心。
パピーちゃんは、雨ふりのうれしさを もっともっと味わいたくて空を見上げます
すてきなかさとくつがあれば その思いはなおさらのこと。

 雨ふりをこんなにも喜べる 幼児ならではの感激。
それが豊かな空想カを育て、新しい世界を 次々と発見していく心になるのです。

♪ 「パピーちゃん絵本」と「パピーちゃん絵本・CD」お問合せ
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy
 (検索→五十野惇)

♪♪♪ パピーちゃん絵本、どうして?
06-22-23p.jpg

 よく、どうして?パピーちゃんとお友達はいつだって正面を向いているの?
幼児が描く絵とそっくりね!と言われます。
この43年間いつだって、ちいさいパピーちゃん&お友達の顔は、
全て正面を向いています。
ディック・ブルーナのミッフィーと共通しております。
そうすることで、絵本は幼児を見つめているからです。

まあ、そのことがパピーちゃん絵本の特色です。

もう少し詳しく説明をしますと、
パピーちゃん作品に登場するキャラクターは、
基本的に全てカメラ目線(顔を読者側に向けている)か後ろ姿で、
横顔になっているカットは存在しません。
横に歩いている場面においても、キャラクターはカメラ目線(現実的に考えればよそ見)です。

この考え方はディック・ブルーナのミッフィーでお馴染みですが、
とりわけ、子どもが描いたキャラクターでのパピーちゃん絵本は
日本では保育界でも唯一の絵本です。
作品を作る側としては「キャラクターたちはいつも、本と向き合っているあなたのことを見つめていますよ!」というメッセージで、
私ども制作者側の深い愛情がこもっている(おおげさな言い方ですが・・・)という意味なんです。

前の2件 | -