So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

雪遊び絵本を、「ちいさいパピーちゃんのゆきだるま」、読者のコメント、西本鶏介先生の解説、 [絵本]



絵本購入のお問い合わせは?
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy
(検索→五十野惇)

♪ 雪遊び絵本「ちいさいパピーちゃんのゆきだるま」は、YouTubeで読み聞かせがご覧になれます。恥ずかしいのですが、読者の読み聞かせになればと思い投稿しております。
https://www.youtube.com/watch?v=lQLw3Agl7R8&feature=em-upload_owner
♪ 小鳩くるみさんの読み聞かせ・CDも楽しめます。

♪  また、絵本「ちいさいパピーちゃんはどこにいる」は、スライドショウでもご覧になれます。
http://www.digibook.net/d/d4d5a3bf818cbcddfab7a1c32e30c5b3/

♪♪♪ あらすじ;
小さな木ぎれに雪をくっつけます。すると大きくなって動かなくなりました。さあー、どうしよう。友達と力を合わせます。すると?
シーケンス 02-yukidaruma.jpg

♪♪♪  k-ishidaさんのコメントをいただきました  ♪♪♪

五十野 惇さん こんにちは~ ?
 ひょっとしたことからパピーちゃん、雪を小枝に付けていったら、
いつの間にか雪だるま、
小さなお子さんのヒラメキ、とっても良くひらめく様子が表現されていると思います。
 我が家では一番小さな孫が小学1年生、保育園に通う前には、姉・従姉妹たちと、
家の外で雪遊びを良くやっていました。爺が屋根から降ろした雪の山を見つけたら、
早速滑り台に変身。固い雪では出来ませんが、軽い雪でママゴトも始め、
母親のやることの真似。見ていておかしくなりました。
 とても優しい「雪だるま絵本」有難うございました。 k-ishida

♪♪♪  作者・五十野惇からの返礼コメント ♪♪♪

k-ishida さん おはようございます♪
雪だるま絵本、ご覧いただきありがとうございました。
「ひょっとしたことから」そうなんですね。
子ども達の遊び、なにげない毎日・日常。
そんな「ひょっと・・・」子ども達の一日一日の歩みを慈しむ。
拙い作品ですけど、いつもながら思い切って発表させていただきました。
お褒めいただきうれしさいっぱいです。
我が家の孫達は1月ごろでしょう。「今日は雪が・・・」と期待して保育園へ。
雪が降って、どんな雪だるまを作るか、きっと楽しみにするでしょう。

♪ 西本鶏介先生の解説 ♪
(昭和女子大学名誉教授・評論家・作家)

雪だるま作りの楽しさを描きながら、 みんなの力を合わせることで、より大きなものが生み出せ ることを 教えてくれるお話です。 
小さな木の枝に くっつく雪がどんどんふえて 丸いかたまりになり、パピーちゃん一人の力では転ばせな〈なりました。
すると、そこへたぬきのた-ぼう、 いぬのい-が やってきて、一緒に転がして〈れます。

雪だるま は、ぐんぐん大き〈なって、三人でも動かせないほどの雪だるまになりました。
 
雪の不思議さと、冬の遊びのおもしろさが、たくみにミックスされ、雪を身近なものにして〈れま す。
雪を美しく見るのではな〈、雪とたわむれ、雪の中を歩き回る、これは子どもならではの感激です。
木切れに雪をくっつけて遊ぶパピーちゃんの心の内までも伝わってきます。

それにしても、真っ白な雪だるまに みかんの目と 人参の口、昔のたどんや灰で作った顔とは まるで違 うすてきな表情です。

どんなによくできたおもちゃよりもありがたい 自然の贈り物です。

しかも、その 雪だるまを一人でなく、みんな力を合わせて作った のです。
もっと大勢で転がしたら、 どれはビ大きい 雪だるまができるか、そんなことまでも楽し〈想像 させてくれます。
自分も早く雪だるまを作ってみたい、 絵本を見な がら、パピーちゃん達と-緒に雪だるまを ころがしている子ビも達の心が、ひとりでにわくわくしてくるでしょう。
児童文学評論家・作家  西本鶏介

♪ 「パピーちゃん絵本」と「パピーちゃん絵本・CD」お問合せ
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy
 (検索→五十野惇)

nice!(0)  コメント(0) 

音感遊び、五十音おけいこ、「おばけの・まみむめも」、小鳩くるみ、コラム「どの子も・・・」 [子育て]

cd-mamimumemo-j-02.jpg

♪ CDでは音声のみですが、YouTube では動画でご覧になれます。
https://www.youtube.com/watch?v=aX0Lqq_ShQo&feature=em-upload_owner#action=share
※ ご覧になれない場合
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/
 (検索→五十野惇)

♪ おばけの・まみむめも 小鳩くるみ、五十音おけいこ
作詞・五十野惇 作曲・若月明人 振付・輪島直幸

(一)
おばけの まあは
   マルゴト たべる 「ドン」
(二)
おばけの みいは
   ミンナ たべる 「ドン」
(三)
おばけの むうは
   ムシャムシャ たべる 「ドン」
(四)
おばけの めえは
   メッメッ たべる 「ドン」
(五)
おばけの もおは
   モグモグ たべる 「ドン」
(六)
なんでも 「ドン」
   たべるよ 「ドン」
   おばけの まみむめも

♪ みんなで遊ぼう
mamimumemo-2.jpg
 おばけは、いったい、どんどん何を食べたのでしょう。
「どん」と言う言葉にかけて、天ドン、カツドンなど、ごろあわせを楽しむのもおもしろいですね。
①左図の2つのポーズをまず覚えましょう。
②「おばけの…まるごとたべる」
までは、全員、曲にあわせ、ディスコダンスのように体を動かします。 
休符で、先生はすばやく「天」とか「カツ」とか、ドンをぬかした名をコールします。
皆は「どん」にあわせて、指示されたもののポーズを作ります。
③「なんでもどん…まみむめも」は、全員、曲にあわせて、ディスコダンスをします

♪ 指導:阿部直美
ペンネーム「さくらともこ」絵本「グリーンマントのピーマンマン」作者、
元聖心女子大学溝師・乳幼児教育研究所 所長、絵本作家、
 http://www.nyuyoken.com 

♪ このシリーズは「五十音のおけいこ」や「数のおけいこ」として、
CD《[あいうえお]と[かず]の音感遊び》として発売されております。
♪ CDの内容解説・購入のお問い合わせは、
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/

♪ コラム「どの子も・・・」
どの子も 五十音が 楽しくいえるように、
どの子も 五十音が 楽しく読めるように、
どの子も 五十音が 楽しく書けるように

どの子も CDを聞くと、母国語の おおもとである一つひとつの 美しい日本語を、 心にステキに響かせ、 心に優しく 残します。

どうぞ、 くりかえし くりかえし
楽しみましょう。

nice!(0)  コメント(0) 
前の2件 | -